筋トレ.com TOP ⇒ トレーニング注意点 筋肉痛

筋肉痛

筋肉痛がある場合は、基本的にその場所の筋力トレーニングは行わない方が賢明です。筋肉痛の場合、どうしてその部位は使わないのかといいますと、それはまだその筋肉が超回復を終了していないからです。超回復が終了していない部分の筋肉を無理に稼動させ、筋力トレーニングを行ったとしても、効率的に筋肉が付くとは言えないのです。まずは焦らず、筋肉痛が除去されるのを待ちましょう。

筋肉痛というのは、ある意味では超回復が終了しているかいないかを判断するための、いわゆる線引きといえるかもしれません。超回復が行われているとして、それが終了したかどうかなど、見た目では判別できないのです。そのため、判りやすく痛みの出る筋肉痛があるかどうか、これを判断材料とするのが最もわかりやすいでしょう。筋肉痛が残っているうちは、筋トレも控えるべきです。

とはいえ、軽い筋肉痛が残っているくらいであれば、そこまで神経質に筋肉の使用を敬遠する必要はありません。もちろん、かなり重い筋肉痛であれば症状が和らぐまで筋トレは控えるべきですが、軽い筋肉痛ならば筋トレを行っても良いでしょう。超回復が行われている、筋トレ後の二十四時間から四十八時間のうちに筋肉痛が完全に除去されれば理想的ですが、理想どおりとばかりはいかないものです。

筋肉痛は、超回復が終了したかどうかの判断材料となります。筋肉痛が激しいという場合なら、少なくとも筋トレは避けるべきです。

トレーニング注意点


ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト

静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!