筋トレ.com TOP ⇒ 筋力トレーニングをはじめるには 筋力トレーニングの種類

筋力トレーニングの種類

筋力トレーニングは、ウェイトの重さなどの負荷とその回数、セットによって、効果や特徴がかわります。さらにそのセット内容がその時点での自分の体力などとも関係してきますので、例えば腕立て伏せ5回でもう限界ということであれば、それは自分にとって、負荷が高いトレーニングをしていることになるわけです。他の方が行っている回数などが目安というわけでなく、自分自身の目安が重要なのです。

筋トレに関しては、自分自身で「もう限界」というところまで筋力トレーニングを行い、そこからは筋肉を休ませることになります。腕を鍛えるなら腕立て伏せ、お腹を鍛えるなら腹筋、脚部を鍛えるならスクワットという風に、部位ごとで限界は変わってくるでしょう。それぞれの限界まで筋トレを行ったら、行った部分の筋肉を休ませ、超回復による筋力増強を狙います。

筋力を作るのは、無酸素運動という酸素を必要としない運動、要するにハードなトレーニングです。例えば50メートル走などのように、全力で肉体を稼動させるため、その間は呼吸を行わないほどの運動となるものです。呼吸をしながら行える軽めの運動は有酸素運動といい、これは筋肉を作るよりも、持久力をつけたり、脂肪を燃焼させたりといった効果があり、スポーツ選手にとってはこちらも必要な運動となります。

鍛えたい部位によって、筋力トレーニングの方法を変えてみるのも良いでしょう。しかし何にせよ、筋トレ後の超回復を狙うのは、筋トレにおいて最も重要なことに変わりはありません。

筋力トレーニングをはじめるには


グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!