筋トレ.com TOP ⇒ 筋力トレーニングをはじめるには 土台と幹

土台と幹

トレーニングの目的が減量であろうと増量であろうと、色々な部分から鍛えたいと思ってしまうのは確かですが、まずは本来的に体の基礎となる筋肉から鍛えるのが基本となります。体幹筋と呼ばれる胸、背中、脚、お腹の筋肉です。これらの身体を支えるための筋肉がしっかり鍛えられていないと、トレーニングを行うにしてもバランスが悪くなるなど、問題が起こってくる可能性もあります。

体幹筋が鍛えられていないまま腕などを鍛えようとしても、身体の疲労が激しくなるばかりで、効率よく筋肉は作れません。筋力増強は、ついつい焦ってしまいがちになりますが、焦った分だけ遠回りになってしまうことも多いのです。多少は面倒だと感じるかもしれませんが、まずは土台となる筋肉を鍛えていくことで、効率の良い筋力トレーニングを目指していきましょう。

もちろん、体幹筋を鍛える場合においても、きちんと筋肉に休息を取らせることで発生する超回復は大切です。また効率を考えるのであれば、体幹筋を鍛えながら、他の部分のトレーニングも少しずつ勧めていくと良いでしょう。体幹筋が鍛えられていないうちからハードなトレーニングを行うのはオススメしませんが、慣らし運転のように少しずつであれば負担も少ないのです。

このように、焦らず土台と幹を固めていくことが、効率の良い筋力トレーニングに繋がっていきます。まずは体幹筋をしっかり鍛え、それから他の部分の筋力トレーニングを行いましょう。

筋力トレーニングをはじめるには


アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

代筆
代筆なら書道サービスで!

富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/