筋トレ.com TOP ⇒ トレーニング対策 アップしない時期

アップしない時期

トレーニングはある一定の期間がすぎたところから、結果が出づらくなってきます。その時期からは、少しずつ上がったり下がったりしながら成長していくでしょう。人それぞれ、その時期によって結果が出やすいトレーニングのメニューが変わりますので、その分析のためにも、細かな記録をとっておくことが大切です。取っておく記録は、体重の増減・トレーニングを持続できる時間などです。

筋力に関しては、人間は生まれついて筋繊維の本数が決まっていますので、どうしても限界が生じます。基本的に筋力増強というのは、総量が決まっている筋繊維を太くさせようとする作業で、トレーニングによって負荷をかけ超回復で修復させる作業の繰り返しとなります。しかし筋繊維の本数は決まっているといっても、腕や脚など部位ごとに本数は違ってくるため、アップしやすい場所としにくい場所があるのは当然なのです。

例えばアスリートの方などの場合、筋力を限界まで増強しきったという場合、今度はしなやかに、また柔らかくなるよう、筋肉をほぐす作業となります。しなやかで柔軟な筋肉ほど応用が利きますし、硬いだけの筋肉よりも有用である上に、しかも柔軟になることで更に筋力増強の余地が出てくる場合まであるのです。筋力アップに行き詰ってしまったら、柔軟などを行って筋肉をほぐすのも良いかもしれません。

筋力がアップしない時期というのは、つい焦ってしまいがちですが、だからといってオーバートレーニングなどを行わないよう気をつけましょう。

トレーニング対策


プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!