筋トレ.com TOP ⇒ トレーニング対策 内容の分析と対策

内容の分析と対策

記録をとったトレーニング内容と体調の変化を定期的に分析し、対策を考えることが大切です。例えば、適切な休息の日数を研究したり、体重の変化などを記録して分析したりしつつ、食事や内容を変化させていくようにしましょう。どのようなトレーニング内容が自身に適しているのか、これは本当に人それぞれなのです。そのため、自分に合ったトレーニング内容を分析し、自分なりの対策というのが少なからず必要となるのです。

トレーニング内容を分析することに関しては、筋トレにおいて絶対に必要とさえ言えます。理想なのは記録帳などをつけることですが、しかし頭の片隅で意識しているだけでもかなり違ってきます。前日のトレーニング内容では物足りなかった、もしくは行き過ぎていたなど。また翌日の筋肉痛の度合いなどを見て、トレーニング内容が適しているかどうかを測ることも出来ます。

しかし専門家であればともかく、一般の方で内容を正確に分析し、また対策を立てるというのは、なかなか難しいかもしれません。ですので、筋肉痛の度合いなどを見て内容の分析を行うのは、大体でも充分です。少なくとも筋肉痛があるうちは超回復が終わっていない、と判断しても良いですし、筋肉痛が強く残っているのであれば、それだけ前日のトレーニングが激しかったと解釈しても良いでしょう。

トレーニング内容の分析は難しいかもしれませんが、記録をこまめに取っていれば、大体の流れなどを分析することも可能です。

トレーニング対策


社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン